早期発見と予防のために

初期症状を見逃さない

病棟

食道がんは進行が速いがんであり、治療・完治のためには早期の発見が大切です。食道がんを早期発見するためには、初期症状を感じた時点で医療機関を受診して検査を受ける必要があります。しかしその症状というのは、飲み込む際に喉に違和感を感じたり、辛いものや熱いものなどでのどがヒリヒリと刺激を感じる程度のものです。ただの風邪や喉の炎症とよく似ているのでそのまま放置され、結果、医者を受診する頃にはがんが進行・転移しているといったことが少なくありません。食道がんは40歳代以降から増えてきて、女性よりも男性に多い病気です。喫煙や、大量に飲酒することが大きな原因とされています。初期症状があり、そうした条件にあてはまる人は早めに検査をうけるべきです。

生活習慣の改善で予防

食道がんは普段の生活習慣を改善することで予防できます。がん発症のリスクを大きく高めるといわれているのが大量の飲酒や喫煙です。特に、飲酒によって顔が赤くなるタイプの人はアルコールの分解力が弱く、アセトアルデヒドと呼ばれる発がん性物質の影響を受けやすくなります。また、タバコを吸う人は吸わない人よりも食道がんになりやすいといった調査もあります。よって食道がんの予防にはタバコとお酒を控えることがとても大切なのです。普段の食生活の改善も効果的です。辛いもの、熱い飲み物など刺激のあるものを多く取り過ぎないようにすることは予防につながります。また野菜や果物を多く食べることは食道がんの発症のリスクを下げるといわれているので有効です。